天光社(https://1000kaze.jp/)が教えるお葬式雑学

天光社(https://1000kaze.jp/)が解説!遺言と遺言書の違い

天光社(https://1000kaze.jp/)が解説!遺言と遺言書の違い お葬式は亡くなった家族との最後のお別れをする場であり、亡くなった方へ寄り添って送る場です。近年、心を込めて贈るためにも、葬儀に関して事前に意向を伺っておく、という流れが出来てきています。その代表的なものに生前葬というものがありますが、これは亡くなる前のある程度元気なうちに葬儀を行うというものです。葬儀の形態の中では最も希望する形態をそのまま反映させることができる形です。

しかしながら、日本で古来から行われている亡くなってから執り行う葬儀ももちろん深く根付いており、そうした葬儀の形態として家族葬が出てくるなど、葬儀の種類は多岐にわたります。通夜・告別式といった手順をしっかりと踏まなくても良い簡易的な葬儀など、故人はもちろん、家族にとっても負担になりにく葬儀形態というものが注目されています。

亡くなった方に葬儀の意向を聞くことはできませんが、葬儀後の身辺整理などについて生前家族に希望を伝えておくためのものとして、遺言と遺言書があります。このふたつは終活においても大切なキーワードとなっており、天光社(https://1000kaze.jp/)にも正しい遺言の遺し方についての相談が多く寄せられていますが、大前提として、遺言と遺言書は根本的に違うものであるということを理解しておく必要があります。

あえて大づかみに説明するなら、遺言を目に見えるかたちとして記録したものが遺言書であり、正式な手続きに則って書かれた遺言書は公文書として法的拘束力をもち、裁判の場でも証拠として効力を発揮します。遺言書そのものは個人でも書くことができますが、法律で定められた書式に沿っているものでなければ公文書としては認められず、証拠としての意味をもたなくなります。

法的に認められる遺言書を保存するためには公証役場に相談するのが近道であり、司法書士や弁護士、公証人などに委託することで遺言書の公式な書き方を教えてもらうことができ、所定の料金を支払えば一連の手続きそのものを代行してもらうこともできます。

このように、1つをとってもお葬式に関する不明点などはたくさんあります。少しでも疑問に思ったことは、専門家に聞くことがおすすめです。お布施の意味など、細かな点まで出来る限り把握しておきましょう。天光社(https://1000kaze.jp/)でも各種相談を受け付けているため、終活にあたって不安な点があれば早い段階で問い合わせを行いましょう。

最新記事